Adobe Muse / MuseでWebデザインするための まとめサイト http://musecreate.site

Muse Create

instagram API の使い方

アクセストークンを取得しWEBに表示しよう!

みんな大好きなSNSツール、instagram!自分の投稿したものをWebサイトにも表示させたいと思うのも当然のことですよね。

ここではinstagramAPIを使ってWebに表示させるために必要なアクセストークンを取得するまでの流れを紹介します。

まずはアプリからではなく、ウェブ版で自分のinstagramにログイン。

ログイン後、ページ下部にあるAPIをクリックし開発者ページに入ります。

英語オンリーのページは苦痛ですよね、、笑

次に右上にあるManage Clientsをクリック。

ここでサインアップを求められます。

WebURLと電話番号、そしてAPIを使ってやりたいことを記入します。APIを使う目的ですが、私は英語で記入しましたが日本語でも大丈夫かも、、という記事を見かけました。お試しください。

I accept the API Terms of Use and Brand Guidelines にチェックを付けサインナップします。

緑のボタンRegister a New Cliant をクリックし次へ。

Client IDが下のように表示されていると思います。

後から使うのでコピーしておいてください。

 

次にSecurityというタブをクリック。

Valid redirect URLsとは、自分がinstagramの投稿を表示させたいページアドレスのことです。

ここでURL入力後、Enterを押すのを忘れないでください!!

Disable implicit OAuthのチェックを外してから

Update Clientをクリック。

あと少しです、、笑

下記のURLの{CLIENT _ID}の部分を先ほどコピーしたClient IDに置き換えます。

{REDIRECT_URL}の部分を先ほど登録したinstagramを表示させたいページのURL置き換えます。

その後Enterを押してアクセスします。

アクセス後、下のように出てきたら、Authorizeをクリックします。

下のようなポップが出てきましたか?エラー表示がされた場合何かしらのミスがあるだけなので、落ち着いてやり直してみてください。

 

#access_token= 以降を使用しますので、メモなどに保存しておくと便利です。

お疲れ様でした!

©️ 2018 Muse Create, All rights reserved

Adobe Muse / MuseでWebデザインするための まとめサイト

Muse Create